FC2ブログ

諸々のご紹介

10minutes_0500 公式サイト
10minutes_0500 前編試し読み r1[バナー用] 第一話試し読み

r1[バナー用] MAGnet公式サイト
スポンサーサイト



2021

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


r6(1)201230_20210101_900.jpg


久しぶりにRagdolls絵を描きました。
わかりにくいけどハイネスはホルスタイン柄になっててロゼのリボンも同じ柄です。

毎度このシリーズのイラストを描くときはハイネスが大きすぎて画面にどう収めるかで悩みます。
ロゼとの距離をもっと話すのが正解なんでしょうが、ロゼがハイネスに乗ってないとコンセプトが弱く…
いやでもロボット物のアニメのイラストとかもだいたい別個で描いてるのであれが正解なんですね;
自分の趣味や拘りに反しますが、キャラがアップじゃないとキャラ物のイラストは映えないという現実は受け止めねば。

r6(1)201230_20210101_700

去年は仕事と他の趣味に時間使って個人で絵を描いたり作品作ったりほとんどできなかったので、今年こそは…と思ってます。(毎年同じこと言ってますがいつも本音です…)



10minutesを原案とした中国丹青映画様の企画『狂暴战偶-Angry dolls』はiQiyiにて連載中です。
去年チーム再編して企画を作り直しになってます。
…正直な感想を言うと、やはり当初のクオリティが維持できなかったので
デザインの簡易化をもっと強く主張すべきだったかと思います。
チームで作っているのでコロナの影響も大きいようで、タイミングも悪かったりと
あとはプラットフォーム側との折り合いの問題もあり、連載時期が遅れてしまうなどの問題もありました。(当初はビリビリで連載予定でした)
中国のプラットフォームでの連載なので、日本の皆さんはなかなか見るのもためらわれると思いますが、
中国のネット事情など詳しい方は是非ともご覧ください。



さて…、
今年描きたいと思ってる少年漫画(タイトル未定)です。

2020_広告用210101_700

設定に色々迷いがあるのですが、ネームは進めています。
進めやすいようにオムニバス形式にするのが正解かと思い
全体のストーリーを練り直し短編をいくつか考えています。
元々はRagdollsよりもずっと長いストーリーで構想されたものですが、設定も練り直しており、
続けやすくすることを重視するスタイルで行きたいと思います。

今度は能力バトルものの少年漫画です。

10minutesも少年漫画と言い張ってきましたが、(あんな巨大生物が戦う話なんて少年漫画以外の何物でもないと思ってました)
少年が主人公で、能力もので、バトルもの…と、今度こそ誰が何と言おうと少年漫画なはず…です。

ストーリーを想像できるように冒頭の一文を添えました。
キャラクターデザインは漫画に落とし込む際にクリンナップするので仮ですが、キャライメージは大きく変わりません。

想像してください。
彼らは世を乱す悪の一員なのか。
それとも正義の使者か
ただの社会の歯車か。


<音楽コーナー>
■DIIV
アメリカ・ニューヨーク出身のインディー・ロックバンドです。
ドリーミーなロックサウンドですが、静けさと疾走感を併せ持つサウンドはとてつもなくクール。
フロントマンの ザカリー・コール・スミスは元Beach Fossilsのメンバーで、この Beach Fossilsも注目。

・Blankenship


・Doused

十三機兵防衛圏

既に発売してから1年経っているのですが、おすすめしたいので久々の更新です。



2020_1128_900.jpg
------------------------------
『十三機兵防衛圏』(じゅうさんきへいぼうえいけん、英語表記:13 Sentinels: Aegis Rim)は、ヴァニラウェアが開発し、アトラスより2019年11月28日に発売されたPlayStation 4用ゲームソフト[3]。通称『十三機兵』[4][5]。

1980年代の架空の日本を舞台に、滅びの運命に抗う13人の少年少女を描くドラマチックアドベンチャーゲーム。巨大ロボット「機兵」に搭乗してのシミュレーションバトルもある。

2019年3月14日に冒頭の3時間ほどをプレイできる『十三機兵防衛圏 プロローグ』が他の商品に添付されて発売された[6]。

2019年10月23日に冒頭の3時間ほどをプレイできる「序盤まるごと体験版」が同年10月30日に配信されることが発表された。“プロローグ”を所持済みのユーザーは加えて序盤の約6時間ほどがプレイ可能[7]。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
-----------------------------

13人の主人公で各キャラごとに異なる目的やテーマで話が進みつつ、
断片的に謎を解き明かされていくのが楽しい…という
立体感のあるストーリーが楽しめるのがおすすめポイントの一つです。

プレイ感覚としては428に近いですが(あの円状の主人公選択画面があるよ)、絵作りや設定・構造はまるで異なります。
設定はSFネタの寄せ集めですが壮大な一つの物語としてまとまります。

物語が各キャラ時系列がバラバラで回想シーンも多く、
多様な時代やループ設定もあり、
記憶喪失のキャラが多数いて、
同じ容姿の別キャラも登場するので
とにかく考察が難しい…。
しかしそれが楽しい。


ビジュアル面の魅力も大きく
ADVパートのデフォルメされた厚塗りのキャラグラフィックは表情やアニメーションの表現が素晴らしく
キャラクターの魅力を深く表現してくれる。
キャラクターデザインやイラストも良いです。
音響も拘りが感じられ、アニメ風のボイスも映像に上手く馴染んでいる。
心に迫る芝居も多い。

SF耐性があるミステリ好きには特に楽しいと思いますが
キャラクターや物語も魅力的なので若いユーザーからも好評みたい。

海外では革新的との評価があったものの国内では斬新さはないが手寧、との評価の違いも面白いところ。
日本ではお馴染みのモチーフを元に設定やシステムが組まれているところや、
日本の戦時や80年代の風景への馴染みなどの差だろうか。
くにおくんシリーズのような空間でのADVパートは懐かしさを感じるのですが、知らぬ人には斬新に感じるのかも。



色々語りましたが、何故お勧めしたいのか…というと、
「記憶を消してもう一度初めから楽しみたい」と思えるコンテンツだからです。

そして2Dグラフィックのコンソールゲームで傑作が生まれることは
絵を生業としている自分としても希望を感じます。

とにかくこういう作品は売れてほしいので、プッシュします。


ある程度自由に好きなキャラから進めたりできるのですが、
プレイ動画を見ていると平均的に進めようとすると情報がばらけるので
理解が浅いままになってしまう様子でした。

ストーリーのシナプスを繋げていくように、気になるところから進めていくのが
混乱が少なくて良いのかな…と思います。

進め方によって情報の入手が前後するので理解度に影響を及ぼしますが、
プレイ順による認識の差が出てくるのは面白い。
さながら万華鏡のよう。
最終的には落ち着くところに落ち着くのですが、同じストーリーでも体験が変わるのはゲームならではで良いですね。

如月兎美_20200524_900

■如月兎美
愛称 ウサミちゃん

崩壊した世界へタイムスリップ(?)するサバイバルストーリーが面白く、他キャラのエピソードでお節介焼きしてるのも良い。
小柄で元気で強気で賢いのも良し。
言いたいことは何でも言っちゃうよ。

薬師寺恵20201028900
■薬師寺恵

ストーリーが一番泣ける…。
滅びた世界から来た猫(?)と契約し他のキャラクター達を次々と銃撃していくことに…。
鞍部十郎とストーリーがリンクしているので同時進行するといいよ。

冬坂五百里20200517_900
■冬坂五百里

色々壮大な運命を持っているからキーキャラクターのような気もするけど
何も知らないまま毎日友達と買い食いして過ごすよ。


--------------------------
■音楽コーナー
コロナ災害以降あまり音楽が発信されなくなりました…。
世界は滅亡へ向かっている。

チルアウトするしかない。

■Vansire
ミネソタ州ロチェスター出身のドリームポップバンドです。
スローでドリーミーな曲が多いです。
ほわわぁ…ん…って感じのサウンドが良いです。

・That I Miss You


・Nice To See You (feat. Floor Cry)

C97 お品書き

サークル Fogtracks
12/30(月)のコミックマーケットC97に参加します。
配置は 南地区 "ユ" ブロック 25a です。


C97お品書き.jpg

「10minutes」前編と後編に分けられていたものをひとつにまとめました。
おまけページもあります。分厚い128ページ。

「Ragdolls 3」はカラー表紙になりました。

また、既刊で完売していたものは増刷しています。
Fogtracks名義で出した既刊は限定のものを除けば全てがあることになります。
10minutesは増刷の度に2ページ前後の追加ページを入れていたので古いものと比べると加筆がかなりあるかと思います。


それと、10minutesを原案とした中国丹青映画様の企画『Angry dolls』のポスターやポストカードを持っていきます。(明日受け取るのでまだ物を確認していないのですが)本を買ってくださった方にポストカードをセットで付けることにしようかと考えております。

Angry dolls_01.png

よく見ると10minutes後編の構図をして描かれてますね。


詳しくは前日に決まります。



今年も忙しくて新刊が1冊も出せず自分に絶望していますが、「Angry dolls」の協力などもあって無為に時間を経過させていたわけではないです。
ただ、前回の記事で書いた「描きたいものごった煮集」すら出せないことは本当に落ち込んでいます。

来年はどうやって生きようか年始の休みで考えていきますが、自身の創作をもっと充実させて新刊を出したいと思っています。

5月?
C98は5月なので何ができるかというところではありますが、充実した忙しさを求めて頑張ろうと思います。
(今年は疲労の蓄積の忙しさでした…;)


それでは、30日に東京ビッグサイト、南地区 ユ-25a でお会いしましょう。



<音楽コーナー>

※後ほど更新します。

C97 当選しました。

冬コミ、コミックマーケットC97当選しました。

配置は 月曜日 南地区 "ユ" ブロック 25a になります。
サークル名はいつも通り「Fogtracks」です。
宜しくお願い致します。

A0400_Fogtrack_C97.png



新刊をどうするかはまだ決めていなくて、

以前から考えている10minutesの前編後編を一つにまとめた完全版を出すか、
t2_117[4コマ]gr1000



また新作を描きたいと思っているので、前回出せなかった赤と青の途中稿とまとめて「描きたいものごった煮集」のようなものを出すか、
少年騎士団1103
ao1(6_7)500


また、10minutes原案の中国の漫画『Angry dolls』を日本でも告知したいと丹青映画公司から話が来ているのでそのあたりの何かがもあるかもしれません。
中国版20191103
※こちらは丹青映画さまご制作のものです。


楽しみにしてくださいと胸張って言えるようなものは出せそうもないのですが、
なにかしら今後に期待してもらえるようなものをお見せしたいと思っています。


Ragdollsを待ってくださっている方には大変申し訳ないのですが、色々と見守ってくれますと幸いです。
今後とも宜しくお願い致します。




<音楽コ-ナー>
■Oyama
アイスランド出身のシューゲイザーバンドです。
Spare Room の間奏のメロディーがとてつもなく良くて最近聴いています。
映像の方はなんでしょうかね。おじさんをスローモーションで撮るのは。なんでそうしたんでしょうか…。
2012年結成だそうですがyoutubeに上がっている曲は少なくてまだあまりよく知りませんが、北欧らしいニュートラルな曲が多くいい感じです。

・Spare Room


・Siblings

Utility

プロフィール

このえ/konoe

Author:このえ/konoe
主に絵を描いています。

アドレス: spk44nq9@clear.ocn.ne.jp

感想などがありましたら記事のコメントやメールフォームをご利用ください。

http://twitter.com/konoe_





●10minutes
(オリジナル漫画:試し読み)
10minute_banner.jpg

●Ragdolls
MAGnetにて連載中の漫画:
第一話公開中


●サイトバナー
konoe_net

URL :
http://penthrite4.blog21.fc2.com/

サイト:
http://spk44nq9.wix.com/fogtracks

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター